ナガサキエール - 長崎県ふるさと暮らし魅力発信事業

つながるナガサキ

長崎のまちネタ・イベント・ふるさと情報はこちらへ

まちブログ
長崎からエールを

長崎の街を綺麗に。新しいSDGsスポーツ・プロギング

環境と健康にやさしい「プロギング」

皆さん、プロギングという活動をご存知ですか?

2016年、環境先進国であるスウェーデンから始まったプロギング。ジョギングをしながらゴミ拾いをするといった、これまであった既存のアクティビティを組み合わせてできた新しいスポーツです。プロギングの語源はスウェーデン語の ”Plocka Upp(プロッカ ウップ・拾う)”と Jogging(ジョギング)から来た造語で、スウェーデン人のエリック・アルストロムという人が始めてからスウェーデン中に広まり、その後、欧米諸国や世界にも広がっていきました。

プロギングが始まったのは環境先進国のスウェーデンから

プロギングはとても簡単で一人でもできるスポーツ。もともとジョギングをしている人がゴミ袋を持って走りながらゴミを拾うだけで「プロギング」になります。健康のための運動であるジョギングと一緒に、環境にも配慮したゴミ拾いを加えることによって、しゃがんだり、かかんだりすることで消費カロリーも上がり、自分が走る街も、そして自分の身も心もキレイになるという一石二鳥の活動なのです。

長崎でも始まったプロギング活動

長崎のプロギンググループ・Plogging Nagasaki

スウェーデン発のプロギングは2018年頃からSNSなどを通して急速に世界に広がって行きました。ヨーロッパ諸国だけでなく、オーストラリアやインドなどでも話題になり、日本でも2020年に一般社団法人プロギングジャパンが設立され、関東や関西を中心に活動が広がっています。

そんなプロギングですが、長崎でもじわじわその活動が広がりつつあります。

長崎には現在、Plogging Nagasaki (プロギングナガサキ)というグループがあり、長崎市古川町にあるカフェ兼ゲストハウス・HafH SAIをメインに朝活としてプロギング活動を行っています。

活動拠点 HafH SAI

実はこのプロギング、長崎ではこの記事を書いている私、Miyakoが発起人となり始めたものです。この活動を長崎で始めたのは2020年6月から。これを始めた背景には、私がスウェーデンにかつて住んでいたこと、そしてHafH SAIを宿泊施設としてよく利用していたこと、新型コロナウイルスの影響で運動不足になったこと、そして日本はまだまだ環境後進国で環境のために何かやりたいという思いが重なったことにあります。そこで人が集まるHafH SAIで仲間を募ってプロギングをやってみようと思ったのがきっかけでした。

プロギングをやる意義とは

雲仙温泉のおしどりの池でもプロギング

ジョギングとゴミ拾いを同時にやることで環境や街、自分の健康のためになる。ただプロギングのメリットはそれだけではありません。

Plogging Nagasaki では、朝活として週末の朝7時30分から行うことが多いです。朝早い時間に始めるのは休日にも早起きをしプロギングをやることで朝の時間を有効に使うことができます。また、街の美化と自分の健康のためにもなり清々しい気持ちになり新しい一日のスタートに最適。

プロギングでは道端のゴミに意識が向くため、走っている間、街を別の角度で見ることになり新たな発見もあるでしょう。その街にどれだけゴミが落ちているか、どんなゴミが落ちているか、そしてどんなところに落ちているか、あるいはとても綺麗でゴミが少ないなど。それまでは気づけなかった街の魅力や問題点なども見えてきます。

溝に捨てられたタバコの無数の吸い殻を発見

プロギングは一人でもできる活動ではありますが、仲間を募って活動をすることによって連帯感も生まれ、コミュニケーションを取ることでコミュニティの形成にもつながります。朝活の後は一緒に朝食を取りおしゃべりすることもしばしば。

ジョギングやゴミ拾いもそうですが、継続してやっていくことが大切。そのためには一人よりもみんなで楽しくやると、続けるモチベーションもあがります。

最後にまとめてゴミの分別を

環境問題というと重い話になりがちですが、まずはゴミを拾うことから環境への取り組みを意識しはじめること、仲間と一緒に活動することが楽しく、この活動を広めたいと思ってもらえること。そして、プロギング活動がなにやら楽しそうだからやってみたいと興味を持つ人が増え、その輪が広がっていけばと思っています。

2015年、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)

プロギングはあくまで手段。その背景にある環境問題やSDGs(持続可能な開発目標)への理解、スウェーデンの考え方や継続した運動・活動により持続可能な街づくりや環境への意識が高まればいいなという思いもあります。

長崎で一緒にプロギングしませんか?

HafHといったゲストハウスで開催することで、地元の人と旅行者や県外の人が交流するきっかけになったり、長崎での思い出や新たな出会いの場にもなっています。

風頭公園で記念撮影。坂の街長崎を体験

Plogging Nagasakでは一緒にプロギングをするプロガー仲間を募集中!

現在、Facebookでグループを作り情報発信や活動の呼びかけなどを行っています。ぜひ一度、長崎で一緒にプロギングしませんか? 長崎の街をもっと綺麗に。仲間と一緒に楽しく活動しましょう!

レッツゴー、プロギング!

Plogging Nagasaki(Facebookグループ)

https://www.facebook.com/groups/389584258671551

0テレニュース24でもプロギングが紹介され、私たちの活動写真が取り上げられました!リンクはこちら

ライター紹介

中 都

観光系フリーランス/インバウンドビジネスディレクター

中 都

長崎県大村市出身。海外居住歴5年、海外渡航30か国以上の国際派。 固定観念にとらわれない自由な働き方や考え方、多様性を好むノマドワーカー。 観光を軸にライター、SNSマーケティング、インバウンド支援などに携わっている。

最後に、理想の実現へ向けたエールを

ながさき県内就職支援サイト Nナビ

長崎で働く、暮らす リアルと本音

ふるさと暮らし魅力発信事業

長崎県産業労働部若者定着課 
長崎県長崎市尾上町3-1
TEL/095-895-2731
MAIL/s05580@pref.nagasaki.lg.jp