ナガサキエール - 長崎県ふるさと暮らし魅力発信事業

つながるナガサキ

長崎のまちネタ・イベント・ふるさと情報はこちらへ

まちブログ
長崎からエールを

新時代キャンピング!キャンピングカーで快適に

みなさんこんにちは!まちブログのアウトドア担当米重です!

台風が過ぎ去ってかなり涼しくなり、秋も深まってきましたね。
日向ぼっこが気持ちいです。

今回は長崎市内でENEOS系列のガソリンスタンドを運営している林兼石油で、今年からキャンピングカーのレンタルが始まったのでそれを借りてのキャンプをご紹介したいと思います。

走るワンルーム

左に見切れてるのは私の車のドア

今回お借りしたのはハイエースをベースに改造されたキャンピングカー・C-LHです。

まだ今年初めて長崎で導入されたばかりなのでここでしか借りることはできません!

車体はかなり大きいのですが、運転席の位置も高くフロントの長さもないためアルファードやフォレスターより運転しやすかったです。

また車内には電子レンジ・エアコン・冷蔵庫が完備されており、キャンプだけでなく車中泊でもその魅力を発揮してくれそうです。

夏のキャンプは暑くて寝苦しく、しっかり寝れないこともあるのですが、キャンピングカーを使えば快適に夜を過ごすこともできます!

しま(ばらで)キャン(プ)△

案外知られてないのですが長崎県内には20以上のオートキャンプ場が存在しています。

特に島原・琴海・平戸あたりに多くあり、自然とふれあえるポイントが多いのも長崎のいいところですね。

今回はその中から、南島原市にある”エコパーク論者原”さんで、キャンプをさせていただきました!

みどりあふれる~(圧倒的語彙力不足)

このキャンプ場ではオートキャンプまたはロッジでの宿泊が可能で、ビギナーでもキャンプしやすいのではないかと感じました。

焚き火用の薪も販売されていますし(焚き火台はご用意ください)JAF会員であれば一束無料で使用することもできます!

最高に素晴らしいのがシャワーがあること!夏場のキャンプはやはり汗をかきますしBBQなどをすれば体に煤が付きます。それを洗い流せるのは非常に魅力的ですね!

ご飯は外で食べれるようにタープは持参しました

キャンプサイトも車を一台停めてなお、タープを張るほどのスペースがあるので広々使うことができます!

焚火はいいぞ

焚火台はAmazonで2千円くらい

今回はキャンプの醍醐味である焚火にフィーチャーしたいと思います。

簡単そうで難しくでもコツをつかめば簡単な焚火。コツは3つあります!

①火は小さいものから大きいものへ
最初から大きい薪に火をつけようとしても絶対に火は着きません(内部の温度も上がらないと燃焼しないので)。なので小さいもので火を大きくして、徐々に大きな薪に火を回していきましょう。
写真で言えば新聞紙→細枝→薪の順になります。

②空気の通り道を意識する
火というものは酸素がなくては維持することができません。そのためには空気を常に火に送り続けてあげる必要があります。

下にある穴に注目

このように焚火台には空気穴が開いているのでここを灰や燃えカスでふさいでしまわないように気を付けましょう。
もし地面で焚火をするのなら、薪でやぐらを建てるように組んであげると空気の通りがよくなります。

③消化は確実に
キャンプ場で多い事故が火の不始末による火事です。寝る前など、火の前から離れる時にはしっかりと水をかけて確実に消化してください。

焚火でできること

やっぱりこれが醍醐味

火が起こったらマシュマロを焼いてみましょう!

マシュマロというのは砂糖のかたまりのようなものなので、火を近づけすぎると一瞬で焦げてしまいます。。。

遠火でじっくり回しながら焼くと、外はさっくり中はトロトロの最高の焼きマシュマロになってくれます!

これくらいの火力が理想です

夜ご飯はBBQで決まり!

/アツイ!!\

やはりキャンプといえばBBQ!今回はおおきなBBQコンロではなく、使い捨ての簡易コンロを使用しました。

トリに鶏肉食べるとうまい(冷笑)


ライトユーザーであればこれで十分だと思います!ちょっと火の加減が難しくはありますが(;・∀・)

目を閉じなくても億千の星

光りすぎてどれが一番とは決めれない

キャンプ場は町中と違って街頭などが一切なく、空を遮るものもありません!

この日はタイミングよく新月の日で、空いっぱいの星空を見ることができました!
天の川に夏の大三角形、メジャーな星座はおおよそ観測できますし、写真を撮ればさらに多くの星を撮ることもできます。

子供を連れてくれば自由研究にもなりそうですね!

三分間、待つのだぞ

キャンプの朝ごはんはやっぱりカレー…でも前日の夜に作るのなんて面倒だし朝から火を起こして温めなおして鍋まで洗ってなんてめんどくさい!!!
そんな時、キャンピングカーなら!

じっと、我慢の子であった

電子レンジがついてるのでインスタントカレーで済ませれます!
洗い物は出ないし、ブラック・〇ャック先生が言うようにどう作ってもうまい!

前日にご飯炊いても冷蔵庫もあるから保存して朝からチンすればホカホカご飯も食べられちゃう!

キャンピングカー借りてよかったぁ・・・

ごみはキャンプ場の人から頂けるごみ袋に入れてしっかりと捨てましょう!

キャンプは簡単!

キャンプというのは準備や後片付けなどが非常に面倒なイメージがありがちですが、今回見ていただいた装備で十分楽しんでいただくことができます!

特にキャンピングカーがあればテントを張る必要がないのでかなり手間を省くことができます。また、最初はキャンピングカーでやってみてそれからテントを使ったキャンプにチャレンジするのもいいでしょう!

特にこれから寒くなる季節なのでキャンピングカーを使えば人が少ないキャンプ場で快適に楽しむこともできますよ!

皆さんもぜひキャンプに挑戦してみてください!

店舗名林兼石油(株)ENEOS ENEJETハーバー長崎SS
営業時間レンタカー業務は8時~18時  ガソリンスタンドは24時間
店休日年中無休
住所〒850-0058 長崎県長崎市尾上町1-17
TEL095-829-2881
Emailcarlife@hayashikaneoil.co.jp
施設名エコ・パーク論所原
営業時間9:00 ~ 17:00
定休日12月29日 ~ 1月3日
住所〒859-2303 長崎県南島原市北有馬町丙4731-2
TEL0957-65-7056
webhttp://sfhcosmos.wix.com/ecopark/

ライター紹介

米重 大喜

米重 大喜

ツーリングやドライブ、釣りが好きです。 長崎市内の釣り場でよく魚釣りをしています。 2019年の夏から秋にかけてバイクで日本を縦断するなどしました。 長崎ではツーリングや釣りが楽しめるので、その魅力をお伝えしたいと思います。

最後に、理想の実現へ向けたエールを

ながさき県内就職支援サイト Nナビ

長崎で働く、暮らす リアルと本音

ふるさと暮らし魅力発信事業

長崎県産業労働部若者定着課 
長崎県長崎市尾上町3-1
TEL/095-895-2731
MAIL/s05580@pref.nagasaki.lg.jp